MIYAKO
Miyako
「みーんな、心の中に太陽があるのになぁ・・・」


私の感じることです。

みんな、外へ外へと、日の光を求め、自分を照らし、暖めてくれるものを捜し求める。

でも、その自分自身が、すべての人が、あの夜空に輝くすべての星の正体が、実はすべて太陽であるように、「みーんなが太陽なのになぁ~」って、思います。

私の曲は「人生の迷宮に迷い込んでしまった人を出口まで導く、足元を照らす光のような曲だ」などと言われます。

でもねー、その光って、本当は私の曲を聴いてくれたその人自身の光なんです。

「過去に流せなかった涙、凍りついてしまった心を溶かして、涙にして流して今を受け入れて、今を歩ます曲」とも言われます。

でも、その凍った心を溶かすぬくもりも、本当はその人自身のぬくもりなんです。

私は「自分という太陽の光やぬくもりを、思い出すきっかけ」を「歌」という形で届けただけです。

ええ、それがシンガーソングライター竿田 美也子の仕事です。

ようこそ、ミーヤンワールドへ